#洋画

「千年王国 ペルシアの彼方へ」

有楽町スバル座は、昔ながらのロードショー館の雰囲気を残しているのが良いところ。 タダ券があるので、たまに行くのですが、たいがいはまあタダだからいいや、って作品で・・・ 去年は松坂慶子主演、名前忘れたけど「東京ガス」の魚料理のおばあちゃん、と…

映画「悪童日記」

アゴタ・クリストフのデビュー作「悪童日記」を読んだ時の衝撃は、それはもう言葉にできないほどの激しさでした。 2011年、この映画が制作されている頃に、アゴタ・クリストフは移住先のスイスで75歳で亡くなりました。 ハンガリー人の彼女が、何人も…