第26節 東京・ガンバ戦。 しんどい・・・

アーセナル・ウィガン後半が始まっています。
今日はこのまま終わってくれると思います、いくらなんでも。

もう寝ちゃおうかと思いましたが、「ムンク『叫び』盗難事件のおとり捜査」というドキュメンタリーを見ながらうとうとしていたら、アーセナルの試合のキックオフとほぼ同時に目が覚めた。
そういう体になっているのでしょうか?

ウチのジェフサポ夫は海外出張中。
音沙汰なかったのに東京の試合が終わったら「引き分けですな」と、メールをよこしました。なにさっ!
明日ジェフの試合が終わる頃、欧州からアメリカに発つそうです。
勝って彼を気持ちよく出発させてあげてね、ジェフのみなさん。

おや、3点目が入ったわ、ガナーズ。相手が相手ではありますが・・・


今日はドロンパくんがバクスタのテントにいたので、握手して頭をなでなでさせてもらいました。
子どもさんと写真撮影を横から・・・とてもかわいいお子さんでしたが、無断撮影なので残念ながら顔を隠しました。


イメージ 1



で、東京の試合。

なんと評価してよいやら・・・
もちろん、ホームですからなんとしても勝ってほしかった。
全然勝てない内容でもなかった。特に前半得点していれば・・・
でも今の東京で得点できそうなのは、ナオ。その彼が外したとなると、もう仕方ないような気もします。
悪くはなかったけど、後半になるとガンバに攻め込まれ危ない場面も。
そして、東京は手詰まり。シュートまでなかなかいかない。
せっかくボールを持っても、もたもたしてまた奪われる・・・

前半はともかく、後半になると疲れもあるのか、スピード系の選手が前にいるのにあまり活かされない。

カボレ、平山といない人の顔がつい思い浮かぶ・・・
鈴木達也もよくやってはいたし、赤嶺も頑張ったいたのでしょうが・・・
ガンバと違って、交代で入った選手があまり効かない。これはいつものことです。
最後は椋原君を入れて、徳永を前にという苦肉の策?これも当たらず。
ガンバが良かったということでもないので、やはり勝ちたかったという悔しさが残ります。
主審、副審も例によって不思議なジャッジもありましたが(CK損したけど、セットプレーで得点しそうな気がしない)、梶山が警告をもらって、次節出場停止。
またもやいない選手の顔が思い浮かぶことになるのか?


イメージ 2



挨拶に来た選手、ナオはとても悔しそうでした。
ゴール裏の反応もなんだか・・・どうして良いか困ったように見えました。