第14節 東京アウェイ京都戦 信じていいのね?ホントに?

ギックリ腰になりました・・・
昨夜からイヤな感じだったのですが・・・
どうにも痛いし、おまけに風邪っぽいので鎮痛剤のつもりで風邪薬を飲んだら(←いいかげん)
効果てきめん!
すぐに眠くなり(--;)、ぐっすり・・・
携帯の着信音で目覚める。
海外出張中の夫からメールで「強いじゃん
ん?
時計を見ると6時20分。恥ずかしながら3時間も寝てしまったのでした。
当然CSで生放送していた東京の試合も見逃し・・・
でも、実際昨季の最終戦であれだけ切ない思いをしたし、それでなくてもちっとも勝てない相手。起きていても見る気持ちになったかどうか・・・ただ、大木監督のサッカーならそう苦手ではないだろうと、うっすら期待はしていました・・・
 
夫のメールをもう一度眺めて「なんだろう、このサッカーボール4個は・・・」
と、携帯の速報を見ると錯覚かと思いましたよ、4-1で勝ってるぅ~
 
用意周到な夫が録画してくれていたので、さっそく安心して試合を見ました。
見ればそんなに強い!ってこともなく、相手のミスから頂いた点が・・・
とはいえ、今季初めて2点以上取ったのですから、めでたいといえばめでたいです。
 
大竹くん、草民くん、いつも一緒に練習しているだけに息の合ったプレーで得点は良かった・・・
梶山も相手がまだチームの体をなしていないとはいえ、これくらいできるはず。
いつもこれくらいはしてほしいです。
 
これは怪我人続出のため大熊監督苦肉の策らしいです。
湘南京都と調子が悪い相手が続いたということもありますが、監督がいかなる意図を持っているかはともかく、前節はそれなりの内容があり、今節はミスもありましたが結果が出ました。
どうたらこうたら言わず、続けてほしいものです。
 
次節は愛媛、湘南や京都より手強いはずです。
ここで勝って本当に喜べるでしょう。