讃岐旅行、その1~瀬戸内海を渡って丸亀へ。やっぱり食ってばかり。

11月23、24日の讃岐旅行。
試合の相手がカマタマーレ讃岐だから讃岐旅行と言っているのですが、香川県なのね、ここは。
でもずっと讃岐と言ってたし、丸亀と高松近辺しか行ってないので、讃岐旅行で通します。
 
まず23日。
東海道新幹線で岡山へ。岡山桃太郎にも行きたいね、と言いながら乗り換え。
特急南風に乗ります。
これが、ビックリ。
 
イメージ 1
アンパンマ~~ン!!!
うちの7歳児も少し前まで大好きだったのに、今や「アンパンマンは赤ちゃんが見るんだよ」とか言ってる。
が、なんかちょっと嬉しいアンパンマン電車。
 
イメージ 2
 
こんなところにもアンパンマンが。
アンパンマン車両というのもあって、それは内装もアンパンマンらしい。
 
アンパンマンに守られて、瀬戸内海を渡ります。
 
イメージ 3
鉄橋を渡る。
 
イメージ 4
外は美しい瀬戸内海。
本当にきれいな海景色なのですが、窓越しに撮るのは難しい・・・
 
岡山から1時間たらずで丸亀駅着。
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
観光案内所の前にアウェイサポーター向きの案内が出ています。
こちらで駅に一番近いうどん屋さんを教えて頂きました。
うどん県に敬意を表して、昼食は讃岐うどん
 
と、考えた人は他にもいたようで、お店に入るとレジに黄色いユニ着た人がいたし、「「1番岡本」」も釜揚げを召し上がっている。
 
 
イメージ 7
わたしの食べたエビ天うどん。エビ1本はシングル。2本はダブルという。
 
イメージ 8
蘇我夫が食べたカマタマ。ちくわの天ぷらが入ってます。
 
お出汁のあじがしっかりしていて、うどんは思ったより柔らかい。わたしはコシ強すぎのうどんはあまり好きでないので、ちょうどいい。
 
腹ごしらえをしてから、シャトルバスに乗って(往復600円はちょっと高い)、出陣。
 
なんか地方のスタジアムって、たいがい最寄り駅からかなり遠く、田園風景か何にもない感じの土地に忽然と立ってますね。アルウィンとか熊本のうまかなよかなスタジアムなんか特にそう。
鳥栖などは駅のすぐそばでエライ!
ここ丸亀スタジアムの周囲は住宅地といった印象でした。
 
 
イメージ 9
丸亀競技場。
 
 
イメージ 10
スタジアムで食べた「カマコロ」コロッケです。
スタグルはちょっと寂しかった・・・東京サポならみんな飢え死にしてしまいそう。
 
 
 
で、
試合に1-0で勝利、ジェフは3位に。
 
 
丸亀競技場から丸亀駅に・・・そこで、なんとシャトルがなかなか来ないから、路線バスに乗った方が早いですよ、と讃岐スタッフ?ボランティア?に言われる。
シャトル往復のチケット買ったのに・・・300円無駄になって、その上路線バス代200円払うのか・・・
でも少し肌寒くなってきた中で待つのがいやだったので、計500円になる路線バスで丸亀駅へ、そして快足南風リレー号で高松へ。
琴電に乗って瓦町へ、ホテルにチェックイン。
 
さっそく夕食を食べに出かけます。
食べログで調べた海鮮の店は満席だったので・・・
 
 
 
イメージ 12
地産地消」の看板を信じて、ここに入る。
 
 
 
イメージ 11
お庭を見ながら食事。
勝ったので、ちょっと奮発して・・・
 
イメージ 13
前菜はカニ味噌豆腐、太刀魚の南蛮漬け、にし貝。
にし貝はアワビに似たコリコリした食感。
お刺身はマグロとハマチ。ハマチはおいしかった。
 
イメージ 14
豚肉の鍋。
火を通してから撮ればよかった・・・
 
イメージ 15
焼き物はサワラの梅シソ風味焼き。お魚の身がふっくらして好き。
瀬戸内海地方ではサワラはよく食べます。わたしの祖母も岡山出身で、ちらし寿司にサワラを入れていました。
 
 
イメージ 16
「讃岐デンブク」(ナシフグ)の唐揚げ。
身もたっぷりしていておいしい。
 
写真撮らなかったけど、茶碗蒸しもあった。
ゆり根が入っていたのが、嬉しい。
 
 
イメージ 17
雑穀だったか五穀だったかのお蕎麦。
独特のコシがありました。
 
イメージ 18
デザートは柚のゼリーと、抹茶ヨーグルト大福。
 
 
で、お腹いっぱい。
ごちそうさまでした。