第3節 東京✖鳥栖~諦めなければたまにはいいことが。

2試合のアウェイ戦のあと、3節でホーム開幕戦。
やっと味スタで。


イメージ 1


トウチュウ号外、わたしがもらったのは、リョウヤが一面。


イメージ 2




イメージ 3




相手はこのところ相性が悪い鳥栖
鳥栖は2連敗できていて、調子悪そうだけど、それもなんだかイヤな感じ。
真ん中に秀人、GKに択生がいて、それもなんだか…

しかし、わたしのいつもの弱気は根拠なんかなく、癖みたいなものですから。
東京は、1節2節と同じスタメンで、入り方はとても良かったと思います。
永井が怪我で田川に代わってから、急速に勢いを落とし、鳥栖にペースが移ってしまいました。いなくなって、永井がいる意味を知ることに…永井が前から守備をすること、いい加減…もといアバウトなロングボールに走ってくれることで、相手を下がらせ、東京は攻撃に向かえる…速いけどシュートもパスもあまりアレだしぃ、と思ってたけど、健太東京においては、単純ではありますが、彼がいることが戦術なのね。
そうか、永井がいないとこんなにもたつくのか。怪我が長引いたら、困るじゃないか。
とはいえ田川くんも、良かったのです。入らなかったけど、大変FWらしいシュートを次々打ち、永井にはない良さが見えた。ただ、チームとしての動きは、永井のようには行かず、停滞してしまいました。
モリゲとヒョンスはそうやすやすやられないけど、鳥栖のロングスローはイヤだった。ロングスローでトーレスの頭狙うのが可能性がありそうで、今季鳥栖が目指すポゼッションサッカーよりは、アンチフットボール的なシーンにトーレスがいる感じ。今んとこ。

前半の終盤になって、ケンちゃんのいない状態に慣れてきたか、パスが多少繋がるように。
チャンスを作りながら、ノーゴールでHT。


後半、前半終盤の勢いは継続。
しかし、どうしても点とれない。
そうこうするうち、秀人が立て続けにイエローカードもらって退場する。秀人はルックスに似合わずプレーが乱暴なのよね。そして、ピッチに一礼して去るところも、秀人でした。
数的優位に立っても、というか鳥栖がドローでもしゃあない、と守るのをなかなか破れずに、また今年もドローかと思いました。
ただ、去年よりシュートまで行ける回数は増えています。
攻撃的な姿勢はあるし、相手に退場者が出たとはいえ、動きは鈍ってなかった。
あまり上手くいってはいないとしても、我慢して繰り返すことが、時には報われる。
そして、わたしがリョウヤを(リョウヤが一面のトウチュウだけど)当てたせいではないと思うけど、リョウヤも攻守に積極的で、最後にそれが実ります。
リョウヤのパスから始まった、ややバタついた連続攻撃で、ディエゴのシュートを拾ったリョウヤが打ったシュートが、オウンゴールを誘う。
なんやまたオウンゴールかいな、と贅沢な言葉がちらっと出そうになる。いやいや、なんでもいいんです。もうすぐ90分になるところだし。
できればきれいなゴールも見たいけど、いやいやゴールならなんでも…
などと思っていたら。アディショナルタイムに。

1本はサイドネットで択生にとられ、1本はうまくコースを見て打ったけど択生の正面のシュートを打っていたタケフサが、大森からパスを受けてドリブル。独走。
田川に代わって入ったジャエルが逆サイドを走る。ディエゴが真ん中を少し遅れて。
この試合、唯一と思われる眼福。
完璧なクロスに、完璧な動き出しをしたジャエルが難なくゴール.。

試合後監督がコメントしたように、あまり良い内容ではなく去年と変わらぬドローになりそうでしたが、少しずつだけど、去年より攻撃の意識は高くなり、またタケフサがいることで、変化はつけられているかな、と思います。
それに、


ここで指が触れて、投稿しちまった。





それに、リョウヤのみたいなゴールにも、ジャエルのゴールにも、ベンチメンバーを含めて、大喜びしている様子を見て、嬉しさ倍増だったし。
だって、去年の8月から味スタで勝ってなかったのよ~
ホームで勝てないのは、不実ですから。
それが、開幕戦で勝てて、選手もほっとしたでしょう。
まずは良かった。


イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8





次は名古屋戦。
マルとヨネちゃんがいるよう。イヤだよう。
やりにくい相手かもしれないけど、やりにくいサッカーではないだろうと思う。



ちなみに、この日、蘇我夫はフクアリへ、山口戦。
なんと5失点して負けた…2得点は東京と一緒だけど。
どうしちゃったんだか。
守備が良くなったと思ったのは、気のせいだったのか。
エスナイデル、大丈夫か?と、心配いっぱいのジェフですが、次節アウェイ水戸ちゃんには名古屋戦と重なってるから、行けないのです。



追記
永井、ディエゴでタケフサはサイドハーフが基本なんだろうけど、後半途中からのディエゴ、ジャエルでタケフサがトップ下も、魅力的です。楽しみ~