ユーロ20備忘録〜鮮やかなアズーリ。

いやもう書くのが全く追いいつきません…

フットボールチャンネルをそのままコピペさせて頂きました、すんません。

 

 

2021年6月14日(月)
01:00【C組第1節】オーストリア 3-1 北マケドニア(アレーナ・ナツィオナラ/ルーマニア
04:00【C組第1節】オランダ 3-2 ウクライナヨハン・クライフ・アレナ/オランダ)
ーーー
22:00【D組第1節】スコットランド 0-2 チェコ(ハムデン・パーク/スコットランド

2021年6月15日(火)
01:00【E組第1節】ポーランド 1-2 スロバキアサンクトペテルブルク・スタジアム/ロシア)
04:00【E組第1節】スペイン 0-0 スウェーデンエスタディオ・ラ・カルトゥーハ/スペイン)

2021年6月16日(水)
01:00【F組第1節】ハンガリー 0-3 ポルトガル(プスカシュ・アレーナ/ハンガリー
04:00【F組第1節】フランス 1-0 ドイツ(フースバル・アレーナ・ミュンヘン/ドイツ)
ーーー
22:00【B組第2節】フィンランド 0-1 ロシア(サンクトペテルブルク・スタジアム/ロシア)

 

2021年6月17日(木)
01:00【A組第2節】トルコ 0-2 ウェールズ(バクー・オリンピックスタジアム/アゼルバイジャン
04:00【A組第2節】イタリア 3-0 スイス(スタディオ・オリンピコ/イタリア)
ーーー
22:00【C組第2節】ウクライナ 2-1 北マケドニア(アレーナ・ナツィオナラ/ルーマニア

2021年6月18日(金)
01:00【B組第2節】デンマーク 1-2 ベルギー(パルケン/デンマーク
04:00【C組第2節】オランダ 2-0 オーストリアヨハン・クライフ・アレナ/オランダ)
ーーー
22:00【E組第2節】スウェーデン 1-0 スロバキアサンクトペテルブルク・スタジアム/ロシア)

2021年6月19日(土)
01:00【D組第2節】クロアチア 1-1 チェコ(ハムデン・パーク/スコットランド
04:00【D組第2節】イングランド 0-0 スコットランドウェンブリー・スタジアムイングランド

 

北マケドニアアリオスキがいるから応援していたのですが、やはり力の差はあるようです。

アリオスキ奮闘するも、リーズのようなみんなが同じ意思で走るというわけにもなかなかいかず、チームは攻撃に出ることもあるけど、否応なく守備の時間の方が長くなり、2試合とも難しい試合になってしまいました。

それでも北マケドニアの英雄ゴラン・パンデフが得点し、ナポリ所属の若いエリフ・エルマズが才能の片鱗を見せたり、結果は伴わないにしても、それなりの印象は残したように思います。

うちは特に贔屓のチームの試合ではない場合、前評判の低い方、劣勢な方を応援してしまう根っからの判官贔屓なので、出場国で一番FIFAランクが低いとか、サッカー協会会長がとんでもないいけずで、監督や選手とゴタゴタしているとか聞くと、特に応援したくなってしまいます。

北マケドニアの国家としての成立事情なども、よく知らないながら、今もギリシアなどの近隣国から圧迫があるとか聞くと、つい同情してしまう。

ギリシアアレキサンダー大王の取り合いをしているらしい。

スタンドにはアレキサンダー大王っぽい兜をかぶっているサポが見えます。そんな大昔の英雄、どこの人でもいいじゃん、ヨーロッパ中手中に収めたのだし、と思うのは島国日本人の暢気さのようです。

 

f:id:fuchanp4:20210619154203j:plain

リーズのアリオスキー。

ウクライナ戦ではPKを決めました。

 

オランダ・ウクライナが撃ち合いになって面白かった。

オランダの守備どうよ、やっぱりファン・ダイクの穴は大きいか?

と思ったけど、オーストリア戦では修正してきましたが、試合はウクライナ戦の方が面白かった。

度肝を抜かれたのは、ウクライナヤルモレンコのゴラッソでした。

この人、ウエストハムでもたまにすごいシュートがありました。

f:id:fuchanp4:20210619155235j:plain

正直、覚えにくい顔しているヤルモレンコ。

 

 

現在得点ランキング1位は、3点取っているチェコのシック

 

news.yahoo.co.jp

 

この人のロングシュート、すごかった…

北海道から飛んできたってやつ(わかる人少ないだろうなあ。東京は天皇杯の初戦苦手なのよ)だけど、もっとパワフルだった。

しかも、ついさっきまで録画で見ていクロアチア戦では、鼻血をダラダラ流しながらPKを決めちゃった…

クロアチアの選手がおそらく指摘していたように、本当はキッカーにしてはいけなかったのでは?出血が止まるまではピッチに入れないはず。

しかし、この人の気迫にはびっくりです。

クロアチアはグループリーグ突破が苦しくなった。

モドリッチは頑張っているけど、一時ほどの力はないような…

 

 

 

わたしの好きなティアニーちゃんが1節では欠場し、スコットランドは苦戦の末負けてしまいましたが、2節では復帰。

 

f:id:fuchanp4:20210619155901j:plain

 

アーセナルにはもったいない、と言ったコメンタリーがいるらしい。

失礼しちゃうわ、そうとも言えるかもしれないけどさ。

 

で、イングランドスコットランド戦。

0−0のドローはある程度予想できました。

ティアニーは何度かいいボールを出していたけど、決めきれず。

イングランドは、思った通りの出来栄えで、ケインになかなかいいボールが来ないし、スピードのある攻撃はできず、フィリップスも初戦ほど出来が良くないというか、スコットランドの守備もあるけど、うまく行かなかった。

お互い負けなくない〜という試合で、その通りになった。

しかし、2試合で1点は、イングランド代表らしいと言えなくもないけど、貧困ですねえ。

 

ここまで見て、強いなあ、と思ったのはベルギーイタリアでした。

ベルギーはデンマークがものすごく頑張ったので苦戦しましたが…

前半に追加点をとるチャンスが何度もあったのに、決められなかったデンマーク

後半に怪我上がりのデ・ブライネが入ったら、もうあなた、すごいパス出すじゃないの〜

そして、すごいシュート決めちゃうじゃないの〜

うちの中2生の憧れ、ケヴィン・デ・ブライネ

ゴールを取った後、喜ばなかったのは、サッカーへの姿勢の良さを感じます。

でも、結局すごく頑張っていいサッカーしたデンマークを、ねじ伏せてしまいました。

 

イタリアは、ロカテッリ→ベラルディ(長い足でドリブル突破)→ロカテッリというサッスオーロのコンビで、サッスオーロみたいなゴールを奪いました。

やっぱりこのゴールが、上記の試合の中で一番好き。

 

f:id:fuchanp4:20210619161134j:plain

もう来季はサッスオーロにはいないようだけど…つまんないの。

ミランに行ってもユーベに行っても、もう応援しないからね…

監督も変わるし、サッスオーロがどうなるかは気になるところです。

 

スイス戦は、さらにロカテッリのミドルシュート、終盤に相手がヘロヘロになってきたところでインモービレというコースで完勝しました。

 

イタリアは鮮やかに勝ち、ベルギーはしぶとく勝った。

うまく行かない時も勝てるベルギーは強いと思う。

イタリアは先制されたらどうなのか、わかりません。

イングランドは次のチェコ戦に勝たないとアレですが、引き分けでモソモソと勝ち上がるような気もします。

 

 

神代植物公園の初夏の花々。

植物多様性センターの可憐な野草などを見てから、予約のQRコードをスタッフに見せて、本園に入ります。

 

山野草園から芝生の広場を通って、バラ園に向かいます。

 

f:id:fuchanp4:20210619141315j:plain

芝生広場の横にあるハーブなどの花壇で。

リアトリス・スピカタ・アルバという花。

 

f:id:fuchanp4:20210619141601j:plain

バラ園の手前のあじさい園。

 

 

f:id:fuchanp4:20210619141630j:plain

バラ園に到着。

花は2番花には少し早く、あまり多くはなかったけど、きれいに咲いていました。

 

f:id:fuchanp4:20210619141822j:plain

 

 

f:id:fuchanp4:20210619141837j:plain

ピンクにしか見えないぇど、一応これは「紫のばら」。

 

 

f:id:fuchanp4:20210619141947j:plain
f:id:fuchanp4:20210619141929j:plain

右のピンクのは「はまみらい」という名前。

 

 

f:id:fuchanp4:20210619142135j:plain

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210619142219j:plain
f:id:fuchanp4:20210619142201j:plain

ツルバラも少し。

 

 

バラ園の奥の温室へ。

 

f:id:fuchanp4:20210619142320j:plain

シクンシという花。

 

f:id:fuchanp4:20210619142415j:plain

香港でもよくみた花。ジャイアントアマランダと呼んでいました。

 

f:id:fuchanp4:20210619142541j:plain

マダガスカルジャスミン

いい香り。

 

f:id:fuchanp4:20210619142622j:plain

ヒスイカヅラ。

 

 

f:id:fuchanp4:20210619142701j:plain
f:id:fuchanp4:20210619142647j:plain

睡蓮はいつもきれいに咲いています。

 

 

f:id:fuchanp4:20210619142839j:plain

ブラックバナナ、実がなってる〜食べてみたい。

 

 

f:id:fuchanp4:20210619143254j:plain

ショクダイオオコンニャク

神代植物公園大温室の、実はスターだったりします。

先に見えているクリーム色の部分が花になるらしい。

今日の神代植物公園公式Twitterによると、もう196センチになり、先端の部分は茶色くなっています。

ソウチェクよりでかい…←どういう比較か?

来週あたり開花するそうで、咲くとすごく臭いんですって。

花になって咲くのは数年に一度しかなく、大概葉っぱのまま枯れていきます。

なんか自分で、よっしゃ、今回は花になろう!と決めるのだ、と、ショクダイオオコンニャクサポの夫が言ってます…

ヘンな植物もありますね〜

で、夫は来週咲いたら、ぜひ見に行きたいと。

わたしは行かないよ〜

 

 

f:id:fuchanp4:20210619143729j:plain

ついでにこれhは、ダースベイダーのような蘭。

だいたいいつも咲いています。

 

 

夫が好きな大温室を出て、深大寺門へ。

お昼に深大寺そばを。

 

f:id:fuchanp4:20210619144136j:plain
f:id:fuchanp4:20210619144146j:plain

いつものお店で、いつものお蕎麦。

 

今回は水生植物園には寄らなかった。

 

調布駅に出て、京王線南武線で帰りました。

 

久しぶりの神代植物公園散歩を楽しみました。

 

神代植物公園植物多様性センターのジミな花々。

都立神代植物公園は、長らく休園していましたが、ようやく予約制で再開しました、

うちみたいにサッカーの試合のチケットを取り慣れているものにはどうってことない、スマホQRコードをゲットする手続きなのですが、もともと神代植物園サポというか好きな人は、オババが多いので、入園者は激減。

門の前で「予約制なんて知らなかった〜どうしたらいいのよ」とスタッフに訴える、気の毒なオババもいました。

神代植物公園Twitterをフォローすると情報は逐一入ってくるのですが。

 

で、行ってきました。

入園無料の植物多様性センターもずっと休園だったので、まずここから。

園芸用の花はなく、ジミ〜な山野草が中心で、予約制でなくともいつも人はまばらです。

でも、わたしはここが好きで、武蔵野の丘陵や林、伊豆の海辺や大島などの火山性の砂地などを再現したところに咲いている、ジミ〜な花を見るのが楽しみなのです。

ホントはコアジサイの群生が見たかったけど、休園中に咲いてしまったようで、もう終わっていました。

 

入り口付近に咲いていた花…

f:id:fuchanp4:20210617211021j:plain

リリス・アルベンシス?

ヤブジラミというらしいのですが…もう少しマシな名前つけられないものか。

リリス・アルベンシスだとすると外来種です。

 

f:id:fuchanp4:20210617211625j:plain

ウツボソウ。

 

 

f:id:fuchanp4:20210617211655j:plain

とても小さな花、ニオイスイレン

 

 

f:id:fuchanp4:20210617211741j:plain

子どもたちが大好きな、タコウインナーの木、柘榴です。

 

f:id:fuchanp4:20210617211829j:plain

海浜コーナーで咲いていたハマナデシコ

 

f:id:fuchanp4:20210617211917j:plain

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210617211932j:plain

これ何?

やはり火山だか海浜だかの地区に咲いていた・・・

 

 

f:id:fuchanp4:20210617212029j:plain

河原に咲く花、カワラサイコ。

 

f:id:fuchanp4:20210617212124j:plain

カワラサイコや河原撫子など、河原の花もだんだん見られなくなっているそうです。

 

 

f:id:fuchanp4:20210617212235j:plain

キキョウソウ

 

 

ここからは、有料の本園、山野草地区の花。

f:id:fuchanp4:20210617212309j:plain

タマアジサイのつぼみ。

 

 

f:id:fuchanp4:20210617212446j:plain

アワモリショウマ。

 

 

山野草は地味だけど可憐な花を咲かせます。

 

本園に入って、ゴージャスな花々を見て、深大寺門から出て、お蕎麦を食べて帰ります。

以下、次回に。

 

昭和記念公園の初夏の花。

ようやく再開された昭和記念公園

一番好きな散歩コースが休園でつまらなかったのですが、やっとブラリと散歩できるようになりました。

と思ったら雨が多くてなかなか行けないけど…

先週晴れた日に撮った写真です。

 

f:id:fuchanp4:20210616202347j:plain

西立川口から入ると、ユリが咲いています。

カサブランカのようなゴージャスな百合はもう少し後。

蕾がたくさん上がっていたので、今月末には咲くかも。

今はスカシユリ系の花が咲いています。

 

f:id:fuchanp4:20210616202703j:plain

 

f:id:fuchanp4:20210616202732j:plain

 

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210616202820j:plain

野萱草も毎年同じ場所に咲きます。

 

 

f:id:fuchanp4:20210616202850j:plain

芝の中に小さな花が…調べるとチリアヤメというそうです。

かわいい花です。

 

 

f:id:fuchanp4:20210616203238j:plain

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210616203259j:plain

花木園のアナベル

毎年見事です。

 

f:id:fuchanp4:20210616203355j:plain

 

 

f:id:fuchanp4:20210616203433j:plain
f:id:fuchanp4:20210616203457j:plain

花木園の紫陽花と、ハーブ園近くのピンクのアナベル

 

f:id:fuchanp4:20210616203641j:plain
f:id:fuchanp4:20210616203601j:plain

ハーブ園のタイムと白いのはタンジー

 

f:id:fuchanp4:20210616203943j:plain

ハーブ園のデイリリー。

 

f:id:fuchanp4:20210616204033j:plain
f:id:fuchanp4:20210616204014j:plain

池に半夏生がもう咲いていました。

まだ6月半ばなのに〜

 

 

f:id:fuchanp4:20210616204214j:plain
f:id:fuchanp4:20210616204146j:plain

あじさいもいろんな場所で咲いています。

やっぱり今年は花つきがよくないけど、きれいに咲いています。

 

f:id:fuchanp4:20210616204331j:plain

日本庭園の青紅葉。

 

 

f:id:fuchanp4:20210616204405j:plain

日本庭園の花菖蒲。

 

f:id:fuchanp4:20210616204450j:plain

 

 

f:id:fuchanp4:20210616204512j:plain

シオカラトンボ

なかなか花には止まってくれない。

 

f:id:fuchanp4:20210616204551j:plain

たった一輪咲いていたフシグロセンノウ、だと思う。

 

f:id:fuchanp4:20210616204640j:plain

日本庭園前の花畑は、今年もムシトリナデシコが群生。

 

f:id:fuchanp4:20210616204728j:plain

 

 

f:id:fuchanp4:20210616204742j:plain

 

 

久しぶりに1万歩、歩きました。

こもれびの里から、丘の方まで歩くと2万歩になるけど、ここんとこの体力ではムリ。

花の丘の様子も見たかったけど、日本庭園から引き返して帰りました。

 

こあまちゃんその後と、うちのバラなど。

○ゴメの抽選に当たってしまった「こあまちゃん」。

うちの「いきものがかり」が、泥縄式にネットで調べながら、世話をしています。

めでたく花が咲いて…

 

 

f:id:fuchanp4:20210615180919j:plain

 

実がなり始めています。

 

 

f:id:fuchanp4:20210615181040j:plain

 

さて、前回のように尻腐れ病にならず、無事収穫できるかどうか…

勝負はこれからのようです。

 

 

そして、去年生協から何故か貰った(『長年のご愛顧のお礼』とかだった)ミニバラが、たった一輪ですが、咲きました。

わたしがなんの知識もなく、テキトーに剪定したので、本当はもっと咲くのでしょうが、一つでも咲いて、うちとしては成功。

 

 

f:id:fuchanp4:20210615181249j:plain

 

 

f:id:fuchanp4:20210615181307j:plain

 

 

f:id:fuchanp4:20210615181323j:plain

 

うどんこ病になったので、咲かないかと思いましたが、「いきものがかり」が毎日手当をしたおかげで、きれいに咲きました。

一輪ですが、とてもいい香り。

 

f:id:fuchanp4:20210615181635j:plain

 

ブルーデイジームシトリナデシコも咲いてます。

ブルーデイジーはテキトーな剪定がうまくいった。

ムシトリナデシコは去年、プランターから消えてなくなったかと思っていたら、今年こんなところから目を出した。

わたしはタネをまいた覚えはないので、どこからか飛んできたか、前咲いていた花から、何故かブルーデイジーの鉢にだけタネが飛んだか…

なんにしても、一応青赤の寄せ植え?ができました〜(鳥栖っぽい、とか言わないように)

 

他には何故か白いシクラメンが満開。

赤いシクラメンも3っつばかり。

かすみ草は枯れて、タネができているのだけど、そうしていいかわからないで放置しています。

 

ここまでいい加減でも、花は咲くから、健気なものです。

ユーロ20備忘録〜その1.エリクセン!

毎日3試合あり、昨日はJリーグもあり(ジェフはまた緑に負けた〜負けるような内容ではなかっただけに悔しい)、ルヴァン杯もあり(東京はブラジリアントリオのゴールで湘南に逆転勝ち。見てないけど、レアンドロ復活は本当か?これでチームがすぐに良くなったとは思えないけど)、ひじょーに忙しい。

ともかく、一応まとめておきましょ。

 

グループA

トルコ0ー3イタリア

ウェールズ1−1スイス

 

グループB

デンマーク0−1フィンランド

ベルギー3−0ロシア

 

グループC

オーストリア3−1北マケドニア

オランダーウクライナ

 

グループD

イングランド1−0クロアチア

 

 

ここまで見ました。

オランダーウクライナは今録画を見てるから結果は知らない。

 

開幕戦のトルコーイタリアについてはもう書いたので省略するけど、これまで見た中で、イタリアが一番面白いサッカーをしていました。

 

ウェールズースイスは、この人↓とラムジー(すでにハンサムなおじさんになってる)、そして今一番好きなチーム、リーズのタイラー・ロバーツがいるので、ウェールズ贔屓で見ていましたが、スイスに押し込まれ先制される苦しい展開。

 

f:id:fuchanp4:20210614200346p:plain

終戦のレスター戦のこのひとのKYぶりはセレッソ戦のKY今ちゃんを思い出しました。)

しかし、ムーアのゴールで同点に。

 

それから交代させられらジェームズがプンプン怒ってたけど、わたしはハリー・ウィルソンが見られて嬉しかった、

 

 

ベルギーは前半のうちに試合をほぼ決めてしまったので、あとは7、8分ほどの力で終わってしまいました。同じ3点でも、ルカクの凄さはわかるし、ロシアもチャンスがあっても決められないだけで頑張ったけど、イタリアほど面白くなかった。

でも初戦で難なく3点取って勝ってしまうのは、やっぱり強いのでしょう。

 

この試合の前に、おそらく今大会もっともショッキングなことがありました。

コペンハーゲンでの試合、デンマークフィンランド戦。

前半予想通りデンマークが初出場のフィンランド(というと「物語フィンランドの歴史」で、世界一料理がまずい国、と書いてあったのをつい思い出す)を攻め立て、何度かあった決定機を決められず、前半40分まで推移していました。

エリクセンスパーズの時には好きな選手でしたし、デンマークでも押しも押されぬ10番で、セットプレーのキッカーはもちろん、攻撃の中心になっていました。

 

f:id:fuchanp4:20210614202717j:plain

 

ところが、40分過ぎに突然倒れ込み、その様子はただならないものでした、

近くにいたフィンランドの選手もすぐにメディカルを呼ぶように手を振ったように、一眼で異常を感じました。

その後のことはすでにマスコミでも報道されていますし、ことさらに書くのも辛いのでやめておきます。

しかし、デンマークの選手たちが倒れているエリクセンを囲んで目隠しをした様子、そうしながら祈ったり顔を覆ったりしている重苦しい光景は、忘れることができないでしょう。

キャプテンのケアーの迅速な処置のおかげもあり、エリクセンはピッチを担架で後にする時には意識を回復していたようです。

現在の症状は落ち着いているとのこと、本当に良かった…速やかな快復を祈ります。

 

 

その後両チームとUEFAで話し合い、試合を再開しましたが、そう思って見るせいか、いややはりデンマークの選手のパフォーマンスは前半とは違っていたと思います。

エリクセンのこともそうだけど、フットボールの残酷さというものでしょう、フィンランドはたった1回のチャンスを決め…いつものシュマイケルならセーブできたような気がするけど…フィンランドが初出場で初勝利。

 

フィンランドにも気になる選手はいます。

f:id:fuchanp4:20210614204115j:plain

ノリッジのプッキ

またプレミアで見られるのは、とても楽しみ。

 

試合の流れから言えば、前半のチャンスを決められなかったデンマークが、防戦一方のフィンランドのたった一本のシュートにやられたと。

これもフットボールの理不尽さ、しかし、そのことだけを取って言えば、よくあることだと思います。

しかし事情が事情ですから、エリクセンのことがあった同日に、中断後の試合を行ったのが良かったのかどうか、疑問は残ります。

 

とはいえ、フィンランドには勝利は勝利なので、胸を張って次の試合に臨んでほしいとも思います。

 

 

北マケドニアアリオスキがいるから応援したてけど、地力に差があったようです。

アリオスキが関わって一時同点にしたのは、良かったけど。

 

 

イングランドは予想通り、もったりした試合をして1−0で勝ちました。

顔ぶれの割につまらんサッカーをする、という人もいるけど、イングランドナショナルチームはまあこんなもんでは?

わたしはカルヴィン・フィリップスが気合の入ったヘアスタイルで、かっこいいドリブルをみせ、スターリンに素晴らしいパスを出したのが見られて満足。

リーズの選手、大活躍。

 

 

今オランダーウクライナを見終わったけど、

 

オランダ3−2ウクライナ

 

となりました。

立ち上がりから行ったり来たりで、そのうちオランダが優位に進めてはいたけど、撃ち合いになり、ゴラッソ連発で面白うございました。

 

 

もう疲れた〜

スカパー!オンデマンドで東京の試合、見る余裕なし、

27日には元気なら味スタに応援に行くから〜

 

 

 

 

郷土の森博物館の紫陽花。

毎年行っているので、再開されたと聞いて早速行ってきました。

郷土の森博物館の庭園は、梅林と紫陽花が見もので、他の季節は桜や山野草が綺麗な時期もあるけど、概ね書き入れ時は、早春と初夏。

この時期に休館していると、もともと安い入館料だけど、経営上大打撃かと思います。

めでたく紫陽花の季節に再開できて良かった。

 

f:id:fuchanp4:20210613175057j:plain

 

府中町役場をバックに。

 

 

f:id:fuchanp4:20210613175243j:plain

古民家、古い薬局の前の紫陽花。

 

毎年来ているとわかるのですが、花のつき方が年によって違います。

今年は残念ながら不作…

昭和記念公園Twitterだったかによると、去年8月の猛暑のため、花芽のつきが悪いそうです。

数年前には紫陽花の病気が発生して、花つきが悪いこともありました。

去年はすばらしくきれいだったのですが、そう毎年豪勢に咲くわけにはいかないようです。

そうは言っても、紫陽花の花は健気に咲いていました。

 

 

f:id:fuchanp4:20210613175801j:plain

古民家と紫陽花が撮れるのも、郷土の森のいいところ。

 

 

f:id:fuchanp4:20210613175928j:plain

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180025j:plain
f:id:fuchanp4:20210613180002j:plain


おーい、ピンキ〜!(←わかりにくい)。

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180111j:plain

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180208j:plain
f:id:fuchanp4:20210613180138j:plain



 

 

f:id:fuchanp4:20210613180257j:plain

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180318j:plain

アナベルは丈夫なようで、どこでも元気に咲いています。

 

f:id:fuchanp4:20210613180358j:plain

これはウツギ。

と、ハナムグリ

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180426j:plain

水車の周りの紫陽花も、例年はもっと咲いているのですが。

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180523j:plain

この道も、去年は溢れんばかりに咲いていた…

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180602j:plain

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180621j:plain

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180648j:plain

額紫陽花も好き。

かわいい。

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180732j:plain

冠のようです。

 

 

他にもいろいろな花が咲いていました。

 

 

f:id:fuchanp4:20210613180835j:plain

へメロカリスだと思う。

 

 

f:id:fuchanp4:20210613181224j:plain
f:id:fuchanp4:20210613181209j:plain


左がセイヨウキンシバイキンシバイ

おしべが長いのがセイヨウキンシバイだそうです。

 

 

f:id:fuchanp4:20210613181728j:plain

ヤマボウシ

 

 

f:id:fuchanp4:20210613182209j:plain
f:id:fuchanp4:20210613182150j:plain

オカトラノオが雑木林に群生していました。

 

 

 

 

f:id:fuchanp4:20210613181824j:plain

ゲートのところに紫陽花の鉢の寄せ植えが飾られていました。

今年はこれが一番豪華だったりする…

でも、ひっそり咲いている紫陽花もとても素敵です。

 

f:id:fuchanp4:20210613182040j:plain
f:id:fuchanp4:20210613182018j:plain

 

 

去年の8月の暑さは、紫陽花にも過酷だったようです。

来年はもっと花をつけてくれると嬉しいけど、最近の気候は激しいので、どうなるでしょうか…

温暖化によりだんだん亜熱帯気候になっていくようです。

と、少し寂しい気持ちで郷土の森を後にしましたが、去年と比べなければ今年の紫陽花も十分にきれいです。